So-net無料ブログ作成
おすすめスピリチュアルBOOKS ブログトップ
前の10件 | -

インドのキリスト、ガンジー。 [おすすめスピリチュアルBOOKS]

お盆休みも終わりですね~[雨]
みなさん、郷里や旅先でリフレッシュできたでしょうか[いい気分(温泉)]

私は、1982年に公開された、
アカデミー賞受賞作品「ガンジー」を見ました。


ガンジー コレクターズ・エディション [DVD]

ガンジー コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



今はアセンデッド・マスターの一人である、マハトマ・ガンジー。

20世紀のインドに、イエス・キリストの
ように生きた姿が、3時間にわたって描かれていました。

すべての宗教、すべての神を認め合おうと、
命をかけて世界に訴えかけたガンジー。

私たちはいつ、それを実現できるのでしょうか・・・?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

グミベア・タロット [おすすめスピリチュアルBOOKS]


Gummy Bear Tarot

Gummy Bear Tarot

  • 作者: Dietmar Bittrich
  • 出版社/メーカー: United States Games Systems
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: カード

ハリボーのグミでおなじみクマちゃん柄のタロット。
定番のライダー版タロットをベースに、登場人物が全部
クマちゃんで描かれているので、わかりやすく、かわいい[黒ハート]

タロットカードというと、絵柄が怖くて、私は敬遠しちゃって
たのですが、このデッキなら、安心して楽しく使えます。[わーい(嬉しい顔)]

また、普通のデッキは紙の箱に入っていることが多いのに、
こちらは缶入りなのも便利。

上のリンクのものは英語版で、解説書も缶入りですが、下のは
日本語版の解説書が、缶とは別に添付されているそうです。

一口にタロットと言っても、いろんな絵のものがあるので、
自分の好きなもの、使いやすいものを選ぶといいですね~[かわいい]


【可愛く、ゆるーいタロットカード ※日本語小冊子付※】グミベア・タロット

【可愛く、ゆるーいタロットカード ※日本語小冊子付※】グミベア・タロット

  • 出版社/メーカー: U.S. GAMES SYSTEMS, INC./U.S.A.
  • メディア: おもちゃ&ホビー





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

ネイティブ・アメリカンの音楽 [おすすめスピリチュアルBOOKS]

先月のチャネリング入門サロンで、瞑想のやり方を丁寧にやった
ところ、

「家で同じやり方でやるようにしたら、すごく深く入れるように
 なりました[exclamation]

という声をいただきました。
わ~、やってよかったー。うれしいです[るんるん]

そして、その時にBGMにした音楽も気に入っていただいたよう
なので、ブログでもご紹介することにしました。


スピリチュアルな音楽、ヒーリング系の音楽はいろいろあるけど、
私の気に入っているのは、素朴な音色のネイティブ・アメリカンの
フルートによるものです。


Liquid Silk

Liquid Silk

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Music Design
  • 発売日: 2005/01/25
  • メディア: CD

Marina Raye の中でも、この「Liquid Silk」っていう作品は、
CDは残念ながらもう販売されておらず、MP3のみのよう。
バックに鳥の声や水の音など自然の音が流れていて、まるで
林のそばの、小川のほとりで瞑想しているような心地よさ・・・[いい気分(温泉)]

心をほぐして、ほっとしたい時にも、どうぞ[黒ハート]



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【初級】自分をえらんで生まれてきたよ [おすすめスピリチュアルBOOKS]


自分をえらんで生まれてきたよ

自分をえらんで生まれてきたよ

  • 作者: いんやく りお
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2012/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


重い持病を持つ11才の少年、いんやくりおくんの幼少期からの
言葉をまとめたこの本、今ベストセラーとなっていますが、
みなさんはもう読みましたか?

「スピリチュアル」とは一言も銘打たれていませんが、その内容は、
生まれる前や胎内での記憶に始まり、まるで神様やスピリット・
ガイドたちの教えにいたるようなものまで、まさにスピリチュアルな
考え方の本質を、子どもらしくわかりやすい言葉で語ったものです。

生まれてから何度も入退院を繰り返さなければいけなかった自分の
病気についても、
「生まれる前、自分でこの病気の体を選んだ。だから幸せなんだ」
と語るりおくん。
それはこうした考え方に基づいているそうです。


 「じつは、悲しめるというのは、
  幸せなことなんだよ。
  いろいろな気持ちは、ぜんぶ幸せなんだ。
  悲しめる喜びというのは、
  悲しんだ後、またハッピーになるでしょ。
  そのハッピーは、前のハッピーより、
  もっと大きいハッピーになる。
  だから、悲しみって、たいせつなんだよ。」


 「どんなに怒っても、その後、必ず、
  怒りの気持ちがおさまってくる。
  すると、「ああ、幸せ」という気持ちになるよ。
  その幸せが、前より深くなるところが、
  悲しみと似ているんだ。」


一見マイナスでネガティブな「悲しみ」や「怒り」も、ちゃんと
感じることで、より大きな「幸せ」や「喜び」のプラスの方向に
転換するということを、とってもやさしい言葉で語っていますね。


私が特に感銘を受けたのは、次の言葉です。


 「人は仕事で忙しいと思っていても、本当は二倍忙しいはずだ。
  だって、仕事のほかに、心の勉強もしているから。
  でも、忙しいほど、楽になる。
  どうしてかというと、
  一回やらなくちゃいけないことを、すぐ終わらせておけば、
  あとは自由時間になるから。
  働いたり、学んだりしたことを使って、生きていけるようになる。
  すぐに全部終わらせたら、あとは自由時間。
  仕事も、勉強も、心の勉強も、それは同じ。」


これは魂の成長のことですね。
目の前に出てくる問題から逃げずに、自分の生き方や考え方を
修正し、乗り越える努力をしていけば、魂が成長します。
すると、それにしたがって、どんどん人生の負荷がなくなり、
まるでごほうびのように生きやすくなっていく。

これは悟りのレッスンを終えた方たちが実感していることでもあり、
「自由時間か~、本当にそうだなー」と感心してしまいました。


最後に、この言葉を。


 「あわてても同じ。
  あせっても同じ。
  落ち着いて、
  人生は、ゆっくりがいい。」



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

【中級】クシ・マクロビオティック [おすすめスピリチュアルBOOKS]

マクロビオティックは、第二次大戦ごろに欧米に広まりましたが、
やり方を間違って体調を壊す人もいたため、いったん下火に
なったことがあったそうです。

その後、久司道夫さんが改良し、1950年代からアメリカで広め、
「クシ・マクロビオティック」と呼ばれるようになりました。

久司さんによると、マクロビオティックは
「正しい食事を摂り続けることにより、人間の心と体を自然や
 宇宙と調和させ、崇高な精神性を高める」
という、とてもスピリチュアルな食事法です。

一番の特徴は、玄米を主食、野菜、豆類、海藻類、果物などを
副食とし、動物性食品や砂糖を摂らないこと。

玄米にはタンパク質をはじめ、体に必要な栄養素が豊富に含まれ、
野菜にも少ないながらもタンパク質その他が含まれています。
カルシウムやミネラルの補給には、海藻が効果的。

むしろ、動物性タンパク質は人間の体が吸収しにくく、吸収に
体内のカルシウムが使われるため、かえって骨粗鬆症の原因に
なっているそう。


「肉や卵が食べられないなんて、私は絶対ムリ!」
そんな人でも、もし興味があったら、白米を玄米に変える
ところから始めてみてはどうでしょう。
三食ともでなくてもいいし、分づき米でもOK。

たっぷり栄養が摂れるせいか、数か月続けるうちに、動物性食品や
砂糖、アルコールなどがあまり欲しくなくなってきますよ。

また、「自然にその人の適正な体重になる」効果も。
太り過ぎだった人が10~20kgやせた、という話も少なくありません。


そのほか、詳しくはこちらの本をどうぞ。

マクロビオティックをやさしくはじめる

マクロビオティックをやさしくはじめる

  • 作者: 久司 道夫
  • 出版社/メーカー: 成甲書房
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 単行本


地球と人類を救うマクロビオティック―世界平和実現は食生活の改善から

地球と人類を救うマクロビオティック―世界平和実現は食生活の改善から

  • 作者: 久司 道夫
  • 出版社/メーカー: たま出版
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 単行本





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【初級】すべてがうまくいく『やすらぎ』の言葉 [おすすめスピリチュアルBOOKS]


すべてがうまくいく「やすらぎ」の言葉

すべてがうまくいく「やすらぎ」の言葉

  • 作者: ルイーズ・L・ヘイ
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2004/05/13
  • メディア: 単行本


アファーメーションとは、ポジティブな言葉を繰り返し唱える
ことで潜在意識に働きかけ、自分や現実を変えていくもの。
その中には、体の病気に作用するものがあります。

ドリーン・バーチュー博士の本などを出版する「ヘイハウス社」
の創業者、ルイーズ・L・ヘイさんのこの本には、いろいろな
病気を癒すためのアファーメーションが紹介されています。


本当に効くのかどうか、私もこの数年試してみていたところ、
ほとんどの持病が治っていきました。
特に、毎年つらかった花粉症があまり気にならないくらい
軽くなったのがうれしいです。

ちなみに、花粉症を癒すには、この2つの言葉をひたすら
唱え続けます。
「わたしは人生と共にある」「私はいつでも安全である」

ルイーズさんによると、花粉症の場合は、精神的混乱や
時間的な不安、罪悪感などが原因となっているんだそう。

そういった心の問題を作り出していないか自分に問いかけ、
それを手放すつもりで、心をこめてこのアファーメーションを
唱え続けるのです。
一日何十回でも、症状が出なくなるまで。


もちろん、医者にかかったり、生活習慣や食生活を見直したり
など、病気を治すにはいろいろな手段を取ることが大切。

それでもなかなか治らないという方は、ぜひお試しあれ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

【中級】未来世療法 [おすすめスピリチュアルBOOKS]


未来世療法  運命は変えられる

未来世療法 運命は変えられる

  • 作者: ブライアン・L・ワイス
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2005/06/07
  • メディア: 単行本


1988年にアメリカで最初の著書、「前世療法」を発表した
ブライアン・L・ワイス博士。
精神科医として退行催眠によって患者の問題を探るうち、
ある女性が自然に前世を語り始めたことから、彼の前世療法は
始まりました。

今やアメリカの医学界でも認められ、世界的にもヒプノセラピー
は定着しつつあります。

「魂の伴侶」「魂の療法」等に続く博士の5冊目の著書として
2004年にアメリカで発表されたこの本は、原題が「Same Soul,
Many Bodeis」といい、邦題のように未来世療法のみについて
書かれたものではありません。

しかし、近年、博士が過去生だけでなく、患者の状況によっては
未来世に行かせることが大きな気づきや癒しとなることを、
たくさんの症例とともにつづったもの。

これも、ある患者が自然に自分の未来世に行ってしまったことが
きっかけのようです。

さまざまな状況にある人々の語る未来世は、あくまで現在の状況を
もとに、可能性のある道として示されたもので、必ずそのとおりに
なるとは限りません。

しかし、「このままだと、やっぱり来世はそうなるのか・・・」と
体験させられることは、本人にとって大きな目覚めとなるようです。

また、読者としては、未来の地球、アセンションの後の様子が
わかるのも、この本のおもしろさです。

一番の魅力は、行間からあふれるワイス博士の愛。
暴力の連鎖や応酬を嘆き、一貫して「すべての魂はつながっている」
と説く博士の、愛や優しさが伝わってくる本です。


前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

  • 作者: ブライアン・L. ワイス
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 1996/09
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

【上級】私はアセンションした惑星から来た [おすすめスピリチュアルBOOKS]


私はアセンションした惑星から来た―金星人オムネク・オネクのメッセージ (超知ライブラリー 31)

私はアセンションした惑星から来た―金星人オムネク・オネクのメッセージ (超知ライブラリー 31)

  • 作者: オムネク・オネク
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本


金星のアストラル界(5次元)にいた少女、オムネク・オネクが、
アメリカの7才の少女の死をきっかけに入れ替わる、という
ウソのような話。

金星のアストラル界はどのような場所だったか、そしてなぜ、
なんのために地球に来て、どのように成長してきたのかが、
オムネク自身によって語られています。

といっても、本書は海外ですでに出版されているオムネクの
著書「私は金星から来た」をはじめとする数冊の主要箇所を編集し、
さらに訳者によるインタビューを交えながらまとめられたもの。

1950年代に初めて金星人とのコンタクトをしたジョージ・
アダムスキーの説などが訳注として多く織り込まれていて、
オムネクの語る内容が、果たしてただの空想なのか、
信憑性があるのか、などを冷静に検証しながら読み進めることが
できるようになっています。

オムネクの金星での生活の描写を読むと、地球がアセンション
した場合の状況を具体的に想像できたり、彼女が地球にやって
来た経緯を読むと、宇宙の魂がいろいろな方法で地球に来ている
ことがわかったりする、大変興味深い本です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

【中級】スピリットランド -地上と霊界の純愛物語 [おすすめスピリチュアルBOOKS]


スピリットランド―地上と霊界の純愛物語

スピリットランド―地上と霊界の純愛物語

  • 作者: A. ファーニス
  • 出版社/メーカー: コスモトゥーワン
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本


19世紀のイタリアで貴族として生きたフランチェッツォ氏が、
霊媒であるA・ファーニスの自動書記を通じて語る、霊界での人生。

原著は1896年に書かれたものですが、アメリカで出版(再版?)
されたのが1993年、そして日本では2000年になって出版
されました。

生きている時にさまざまな罪を犯したため、死後に真っ暗な
低層の霊界から出発したフランチェッツォ氏が、地上にいる
恋人の愛や高次の守護霊たちに支えられながら苦しみや試練を
乗り越え、少しずつ明るい霊界へと進んでいく。
その様子が、物語のようにありありと語られています。

罪に気づくとは、いかに自分が地上の快楽に溺れ、魂を無視
していたか、そして他人のことを考えていなかったかを知ること。
そして、それを償うとは、自分と同じ過ちを犯している人に
気づかせたり、同じように苦しんでいる人たちを救ったりすること。

それは霊界でよりも、生きている時に行ったほうが何倍もいい、
と彼は説きます。


どんな生き方をした人がどんな地獄に陥ることになるのかなど、
地獄についても詳しく語られていますが、決しておどろおどろしい
描写ではありません。

霊界から地上の人間たちにどのような働きかけがされているかも
よくわかり、人生の考え方が大きく変わる一冊。
生きているうちに何をすべきなのか、読む人それぞれが心を改める
ことになるでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【上級】プリズム・オブ・リラ [おすすめスピリチュアルBOOKS]


プリズム・オブ・リラ―銀河系宇宙種族の起源を求めて

プリズム・オブ・リラ―銀河系宇宙種族の起源を求めて

  • 作者: リサ ロイヤル
  • 出版社/メーカー: ネオデルフィ
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 単行本


銀河系宇宙の起源について、リサ・ロイヤルがチャネリングした情報を
主体にした本書。

どのように次元が誕生し、琴座から始まったドラマが、どのように
シリウス、オリオン、プレアデス、アルクトゥルスへと広がり、
地球へとつながっていったか、といったことが物語のように
書かれています。

私たちは地球だけで輪廻転生を繰り返しているのではなく、
人類の起源はもっと途方もなく長い歴史の中にあるということが、
この本を読むとわかります。

それは、銀河系という、宇宙の一部でしかないということも・・・。

抽象的でファンタジーのようですが、宇宙について知りたい方には
おすすめ。
その壮大なドラマが、現実の見方を変えてくれるでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - おすすめスピリチュアルBOOKS ブログトップ
メッセージを送る